海外投資

海外投資で生きていく

海外投資のハードル

多くの日本人にとって、海外投資にはいくつもの壁があります。言葉・情報・各国のルール。

たとえば、英語すら分からないのでは海外での口座開設も一人では困難な上、書面を読むのも難しいでしょう。日本では国外の投資については情報が金融商品取引法(金商法)により厳しく規制されているので、情報もほとんど入ってきません。

そのため、海外投資はハードルの高いものに思われがちです。しかし、実際に始めてみて分かったのは、英語がろくに分からなくても、金融の知識がなくても、それどころか海外旅行すら行ったことがなくても問題ないということです。

たしかに、普通に暮らしていればまともな海外投資に関する情報はほとんど入ってきません。しかし、回避する方法はあるのです。それさえ理解しておけば、特に難しいことはありません。英語が話せなくても、海外投資ができてしまうのです。

海外投資に不可欠な要素

まずは信頼できる仲介会社です。あなたが数十億円、数百億円の資金を持っているのでない限り、自ら投資案件を開発するわけにはいきません。そこで、どこかのデベロッパーが作る海外不動産を購入したり、金融商品を購入することになります。

そんな時、仲介会社のレベルによって成功可能性が大きく変わります。たとえば、地元の事情をまるで把握していない業者を選んでしまったり、法外な手数料を抜いている業者だったりすれば、海外投資がうまくいく可能性は著しく下がります。

逆に言えば、それぞれの国の事情に精通し、さらに優れた投資案件を厳選できる能力のある仲介会社を見つけることができれば、自分が海外に詳しくなくても、回ってくる案件にお金を入れるだけで成功できる確率は高いのです。

この部分が、実は海外投資の核と言ってもよいでしょう。しかし、ほとんどの人は盲目的に最初に見つけた業者に頼ったり、FXや海外株式を中途半端な知識で始めたりします。その末路として、悲惨な結果になっていることが多いのです。

信用のおける仲介業者を選ぶにも、まずは海外投資の基本的な知識を得ることは不可欠です。この部分で手を抜いてしまうと、それが原因で元手を失ったり、低い利回りに甘んじなくてはならなくなるので、絶対に避けてください。

海外投資の基礎を学ぶなら、まずはこちらの無料メール講座を読むのがお勧めです。細かな投資案件の話ではなく、もっと大局的な話を聞けるので、今後の方向性を決める際に大きな助けとなるはずです。

世界から見て異常な日本

国債とその他の国の借金を合計すると1000兆円を軽く超えてしまうという財政状態。世界2位の経済大国という過去の自負だけを持ち続けながらも、もはや世界各国はアジアにおいて中国やシンガポール、韓国などに意識が移っているのに、それを認められない国。

今や日本は国際的に見て重要性をどんどん落としています。世界の中でも特に急激に高齢化社会に突入し、もはや経済が没落していくことは確実視されているのが、日本なのです。

当然、そうなれば通貨の価値も下がります。にも関わらず、海外投資は危険だと敬遠し、国際的に格付けの低い国内銀行に預金をし、間接的に国債の購入に貢献するという奇妙な行動を多くの日本人が取っています。円高のうちに海外に資産を移し、投資をすれば有利であるのは自明の理であるにも関わらず、海を隔てた向こう側には恐ろしい罠が待っているとばかりに引きこもってしまう国、日本。

この国はもはや、世界から見れば一流の国に入るかどうかもあやしくなっています。少なくても、長期的な視点に立ったとき、もはや経済面でも重要性は落ちて行くのは明白。我々日本人も、国内だけにこだわっている場合ではありません。

日本国内だけでは縮小していくのなら、海外に打って出なければならないのです。華僑が世界中で活躍しているように、日本人もまた、投資やビジネスで海外に出るべき時期です。

無益に国内にこだわるよりも、海外に目を向け、投資によって資金も分散させること。日本人としてこれからの時代を生き抜くために、避けては通れない道となっています。

推定資産180億円の大富豪の教え
ここに書かれていることを知らなければ失敗して当然です!

名字
メールアドレス

香港HSBCの口座開設ツアーに参加

香港HSBCの口座を開設したいと思い、ツアーに参加してきました。ツアーといっても、別に大人数で行くわけではなく、この日は2組だったので、マンツーマンに近いサービスでした。基本的には、このような形になるようです。

ツアー旅行のように大人数になると、聞きたいことも聞けないのではないかと心配していたので、この点は助かりました。事前に準備していた質問だけではなくて、その場でわいてきた質問も気軽に聞けましたし、香港HSBCで口座開設を行う場合にも、きちんとサポートしてもらえました。

今回の流れとしては、まずMTR(地下鉄)の駅で待ち合わせをした後、香港HSBCに行き、混みあう時間を避けるために銀行が開くと同時に入っていきます。香港HSBCの口座開設ツアーでサポートを行なっている玉利将彦社長(株式会社ボーダレスワークス)とすでに顔見知りになっている行員と共に、個室に通されました。

そこで書類に記入していくのですが、書類の日本語訳を事前にもらえたので、無理に英語を理解しようとする必要はなく、必要な箇所にチェックマークを入れたり、サインをするだけでした。

香港HSBCでは、口座開設の際に音声の録音をします。これは形式的なもののようで、行員が質問をし、それに対してAからEまでの選択肢を答えます。先に書類にチェックマークを入れておくので、それを順番に読み上げるだけでした。行員との直接のやり取りはこれだけで、後は玉利社長がやってくれました。

これで香港HSBCの口座開設そのものは完了ですが、その後で入金手続き、ATMでのパスワードの変更、ネットバンキングの使い方の解説もしてもらえます。このツアーが終われば、基本的な使い方は理解できているし、設定も完了している状態になっているのです。

待ち合わせから1時間30分もかからずに、すべての手続きは完了しました。この後、私は中国銀行の口座開設があったので、引き続き玉利社長と共に中国(深セン)に向かいました。

ちなみに、帰国後には早速ネットバンキングにログインしたのですが、問題なく入れました。一人になってもできるか心配だったのですが、安心しました。


安心してサポートを任せられました!
玉利社長の口座開設サポートの詳細はこちらを御覧ください

 

■プロフィール

沖田万次郎

当サイト管理人
沖田万次郎のプロフィール

無料メール講座
海外投資で失敗しないために
30日投資大全

名前
メールアドレス

■リンク集

■カテゴリー